最近稚魚図鑑が欲しい

家が海の近くなので、子供を連れてよく行く。冬は、週一日くらい、夏はほぼ毎日、今の季節は暖かい日週三日くらい。
ここの所少しずつ生き物の気配がし出していて、毎年変わらず春がくるのに感心する。

子供達は暖かいと、三月でも網を持って波打ち際をさらっているが、そこになんだかわからない稚魚が入っていた。

稚魚はネットで調べてもよくわからない。

ニョロニョロの細長い魚なので鰻か穴子か鰆かウミヘビかと皆で推測するが、全く同じ月齢?の画像を見つけられない。
ヒラメなんかは稚魚でもザ・ヒラメだが、その他の稚魚は何だか成長後を想像できない。

結局、食べるわけでもないので正体を突き止めるほどの情熱もなく逃がしてしまったが、去年も同じ様な事があった様な気がする。

そしてまた来年同じ様な稚魚を捕まえて同じ様な事を考えるのだろう。

しかし、海というものは奥が深すぎる。

何だこれは?という様な生き物がよく打ち上がっている。調べる足がかりすらない様なものが。
ブルブルなんとなく動いているから生き物なんだろうとかろうじてわかるくらいのもの、 オレンジ色の脳味噌みたいなものや、やたら沢山の綺麗なスカイブルーの足を持つクラゲのような違う様なものなど。

皆名前はついているのだろうか。稚魚の名前すら調べ上げられない私にはそれらの正体を突き止める事は無理そうだ。