バンドエイドが大好き

春になって暖かくなってきたので、アカギレもだいぶ良くなってきました。
毎年冬場はアカギレがひどいのですが、今年は赤ちゃんが産まれて手を洗う回数が増えたのでいつもよりひどく荒れていました。
指からの出血も日常茶飯事で、その度にバンドエイドを貼っていました。

そんな私を見ていた息子にとって、バンドエイドは痛いときに貼ると治る、とインプットされたみたいです。
ちょっと皮が剥けて痛いとき、ぶつけて痛いとき、痒くて痛いときなど、バンドエイドを貼りたがるようになってしまいました。

本人が満足するなら、と軽い気持ちで貼っていたら、最近は自分でも貼るようになってしまいました。
うまく貼れることはほとんどなく、ぐちゃぐちゃになったバンドエイドが多々あります。
息子にとってバンドエイドは万能薬なようで、何かあるたびに貼りたがるので隠してしまいました。